資格取得

電気工事士って?

電気工事士は第一種と第二種の2つ

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。その資格を「電気工事士」といいます。

その免状は2種類あり、第一種・第二種の2つに分かれます。

■第一種電気工事士
第二種でできることに加えて、最大電力500kw未満の電気工事を担当できるため、工場やビルなど、大規模な現場でも活躍できます。
■第二種電気工事士
600V以下の住宅や小規模店舗などの電気工事ができます。

免状は2種類あり、第一種・第二種の2つに分かれる

資格取得までの流れ

第二種電気工事士

※本校電気工事士科は、卒業と同時に第二種電気工事士の免許が与えられます。
また、電気工学科卒業者は、筆記試験が免除されます。

第二種電気工事士の資格取得までの流れ

第一種電気工事士

第一種電気工事士の資格取得までの流れ

この資格が就職に強いワケ!

この資格を持っていることが、どんな役に立つか、ポイントは2つあります。

卒業と同時に資格取得

電気設備の安全を守るため、一定の資格がある人でなければ、電気工事に従事できません。
そのため、電気工事士は求人が多く、就職や転職の強い武器になります。

ニーズの増加

昨今の節電対策やエコブームで、住宅や店舗をリフォームされる方が増えてきています。住宅や店舗のリフォームなどの電気工事には、有資格者が必要となりますので、電気工事士の資格のニーズは高まってきているといえます。

実務経験を積んで、一国一城の主として、独立開業の道も考えることができます。

資格取得
資格取得トップ
電気工事士って?
電気主任技術者って?