卒業生の声

水や電気など、人々の暮らしを支える責任ある仕事にやりがいを感じています。

機械器具設置の工事をメインに、汚水マンホールや排水機場の工事、管理業務を担当しています。主な業務としては、協力会社と連携して設置器具の更新を行う現場での作業のほか、その前段階である、材料の手配や図面の作成を行うこともあります。
私たちの仕事は公共施設での工事が多く、人々の生活を支える重要な役割だと自負しています。1級電気工事施工管理技士の資格も取得し、年々仕事の幅も広がってきています。
すべてはやる気次第! 電気の世界は資格一つで携われる業務内容が大きく変わるので、九州電気専門学校という最良の環境で電気のプロとしての基盤を築いてもらいたいです。

株式会社秀電社 勤務 電気工学科卒業。冨永 周作さん

複数の電気工事現場をかけ持ちしながら、九州、山口、沖縄を飛び回る充実の毎日です!

私は主に、病院や学校における電気工事の施工管理を行っています。当社と取引のあるメーカーから各種資材の手配をし、納入から設置、メンテナンスまでを担当。入社1年目から責任ある現場を任せてもらえ、現在では繁忙期になると複数の現場をかけ持ちし、九州、山口、沖縄を行き来することもしばしばです。工期は現場によっては2、3か月におよぶこともあり、工事終盤の検査でミスなく工期を終えられたときは喜びもひとしおですね。少しずつではありますが、現場監督に必要な広い視野を養えていると思います。
今後は仕事と平行して、甲種消防設備士の資格取得を目指し、会社、そして社会に貢献できるように頑張ります!

株式会社永和興産 勤務 電気工学科卒業。佐藤 純さん

在学中第二種電気工事士の資格を取得。学生時代の経験が今の仕事の土台になっています。

現場で作業員が工事をする際、現場監督を務めるのが私の役目。設計にも携わっているので、現地調査や鉄塔の配置を決め、工事の管理なども行います。この仕事の魅力は、結果が形になって残ること。送電線鉄塔が出来上がった時は充実感と共に誇らしげな気持ちさえ湧いてきます。自慢じゃないですけど九州で3番目に大きい鉄塔も手掛けたんです。この仕事をずっと続けていくためにも、資格試験にも挑戦していく予定。今目指しているのは、建築業の現場監督に必要な1級施工管理技士です。

株式会社九建勤務 林田祐貴さん

九州電気専門学校で得た経験と資格のおかげで現在では現場監督の仕事を任せられるまでに。

私は父が電気関係の仕事をしていたこともあり、自然と電気の世界を目指しました。入社9年目の現在は、在学中に取得した第二種電気工事士に加え、仕事と平行して第一種電気工事士、1級電気工事施工管理技士の資格も取得。最近は、大規模の太陽光発電設備設置工事のほか、各種プラントの受変電設備や電気設備、計装設備などを担当しています。現場作業にとどまらず、打ち合わせや見積もり、設計・製作と一連の業務に携われるようになり、技術者として多くのことを学ばせてもらっています。
電気工事士科はたった1年間ですが、その分現場で生きる力を身につけさせてくれる最高の学び場です。自分を何倍も成長させてくれますよ!

大洋興業株式会社 八幡支店 勤務 電気工事士科卒業。辻 英将さん

基礎から学べるので文系でも安心!1年間で現場で生きる力を養いました。

私は家業を手伝いながら電気工事士科の夜間コースに通っていたため、正直両立が大変でした。しかし、電気の知識がゼロの文系の私でも、基礎から丁寧に教えてもらえたおかげで無事に卒業と同時に第二種電気工事士の資格も取得!現在は設備改修や計装工事、太陽光発電所の電気工事などを行っています。学校をはじめとする官公庁の業務を手がけることも多く、九州電気専門学校で培った技術や知識、チームワーク力を生かしながら複数の現場を掛け持ちして頑張っています。
私たちの仕事は複数の会社がチームとなって作業を行うため、信頼関係はとても大事です。今後も安全で丁寧な施工を心がけ、信頼の厚い工事士を目指します。

ツカサテック株式会社 勤務 電気工事士科卒業。前原 惇さん

卒業と同時に第二種電気工事士の国家資格を取得。今は第一種電気工事士を目指しています。

電気工事を扱う会社で、現場管理を任されています。手がけているのは、一般住宅、コンビニなどのテナントやマンションなど建物全般です。現場ではまず職人さんと打合せをしてその日の作業内容を伝え、自分自身も一緒に作業を進めていきます。高校を卒業する時、仕事をするなら手に職をつけて専門職に就きたいと考え、九州電気専門学校に入学しました。1年間で決められた実習を受ける必要があるので、無欠席が基本。短期集中で学んだ学生時代でした。

電気工事士科卒業。黒田 修平さん

安定した就職実績

就職実績
就職実績
卒業生の声
就職決定企業